東京幻影めぐり21

ショウウインドーの撮影を始めて、その『デザインのレベル』と『街の状況』について選択している自分に気がつきました。シャッターを押す場所はどこでもよいという訳にはいかないのです。いろいろなところを歩き回りましたが、結果的に作品群は『銀座』『表参道』『新宿』『渋谷』『横浜』などに限定されていました。あくまでも『現在のところ』ですが。

Comments are closed.